◎鶏口牛後

あけましておめでとうございます。 昨年も私ども幸蔵酒造への温かいご愛顧、誠にありがとうございました。 伝承かめ壷造り・本格芋焼酎「幸蔵」同様、 このエッセイも「心に届く味わい」を求めて頑張ってまいります。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 今年の干支は十二支の10番目である「酉(とり)年」です。9番目が申(さる)で、11番目の戌(いぬ)の間に置かれた酉は、犬猿の仲である両者の「不和をとり込む」仲裁の役目を仰せつかっているのかもしれません。酉年生まれの特徴の中のひとつに「面倒見がいい」というのがありましたが、そういった十二支の昔話から派生して来たのだとか。

 干支にはそれぞれに様々な縁起やいわれがあり、酉年は「とりこむ」年なので商売に縁起がいい年だとも言われます。当然、今年は仕事の運気も良いものだと思いたくなります。酉年生まれの人は「世渡り上手」「先を読む力に長けている」という特徴を生かして、ビジネスに張り切ってみるのが良いのではないでしょうか。

 「鶏口となるも牛後となるなかれ」。若い頃、生き方の教えに、故事由来の諺(ことわざ)がよく使われていました。志望する学校や会社への入試に失敗し、やむなく二番目の志望に切り替えざるをえない私にも、この諺は背中を押してくれました。大きな集団の中で尻につけるよりも、小集団であっても長のほうがよい、だからそこで頑張れ。先生からもらった言葉の記憶が蘇ります。

 結局、幸か不幸か大きな集団の中に身を置くことはなかったけれど、もちろん小集団でも長ではありません。集団の最小単位である家族の中でも「鶏口」になれていない自分の姿があります。よし、今年の目標は「とりあえず」家庭内での主導権の復活だ、と伝承かめ壷造り・本格芋焼酎「幸蔵」に語りかけます。今年も大好きな幸蔵との毎日が始まりました。









※かめ壷造り熟成の手作りの製品のため、大量生産をすることが出来ないのが残念です。自然の味が強調できる味わい豊かな商品として是非伝承かめ壷造り「幸蔵」をご愛顧お引立て賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。


< ** information ** >


Copyright(C) Kouzou syuzoh CORPORATION All rights reserved