◎カンパチの夏

 刺身好きな私にとって、好きな季節はやっぱり冬であり、寒の頃の脂が乗った魚が一番です。魚は普通、寒い冬を前にたっぷりと餌を摂る秋から冬が「食べごろ」ですね。春、産卵を終えた多くの魚体は脂が抜け、旨味を落として夏を迎えます。今の季節は、味覚的には形勢が不利な状態ですが、そこはそれ、「夏に美味い」魚種も少なからず存在するので、ホッとします。

 代表格がカンパチです。カンパチの旬は夏で、仲間のブリとはおいしい時期が大きく異なります。姿・形はブリとよく似ているので、魚に詳しい人でない限り、外見だけではブリとの見分けがつかないのではないでしょうか。まあ、スーパーの売り場では、小さなブロックや刺身姿であっても、パックに名前がシール印字されているので大丈夫ですが。

 技術が進んで養殖が盛んになった現在、このカンパチに限らず食べ物の旬が見えにくくなっています。天然物に比べて、養殖物は総じて脂のノリが良く、「ワシは天然ものじゃないと受け付けんもんね」とガンコな主張もよく耳にしますが、特長を理解すれば養殖モノに問題はありません。「天然ものバンザイ!」の気持ちは痛いほどわかりますが、時代が時代です。

 カンパチは元来温暖な海域に生息する魚だけに、南国鹿児島が全国一の養殖水揚げを誇ります。「養殖・生き締」で弾力のある歯ごたえ、脂が乗っていて口の中で脂がじわっと溶けていきます。暖かい海出身の魚だけに、宮崎の伝承かめ壷造り・本格芋焼酎「幸蔵」ともよく合います。しかし、この時期だけは刺し身が醤油を弾く「天然カンパチ」の脂の美味しさを楽しみましょう。











※かめ壷造り熟成の手作りの製品のため、大量生産をすることが出来ないのが残念です。自然の味が強調できる味わい豊かな商品として是非伝承かめ壷造り「幸蔵」をご愛顧お引立て賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。


< ** information ** >


Copyright(C) Kouzou syuzoh CORPORATION All rights reserved